宅配で買取る場合

直接ご来店頂かなくても、当社の無料宅配キットをお申込みいただければ、無料で商品をお見積り・お買取させていただけます。

詳しくはこちらをご覧下さい

店舗で買取る場合

お近くの方や、お急ぎの方は直接ご来店ください。即査定・即買取も可能です。希望であれば詳しい査定の説明もお受け頂けます。

詳しくはこちらをご覧下さい

金・プラチナ本日の買取レート

2016年9月23日更新

金1gの買取価格

 
金地金
インゴット(金)
K24(純度99.9%)
K22(純度91.7%)
K21.6(純度90.0%)
K20(純度83.5%)
K18(純度75.0%)
K14(純度58.5%)
K10(純度41.7%)
K9(純度37.5%)

銀1gの買取価格

 
銀地金
インゴット
Sv1.000(純度100%)
Sv925(純度92.5%)

プラチナ1gの買取価格

 
プラチナ地金
インゴット
Pt1.000(純度100%)
Pt950(純度95.0%)
Pt900(純度90.0%)
Pt850(純度85.0%)
K18/50%+Pt900/50%

パラジウム1gの買取価格

 
パラジウム地金
歯科用12%金パラジウム製品
GCキャストウェルM.C.
開封品12%金パラ/g

新着ニュース

  • 2016/09/23 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 9/23
  • 2016/09/21 《国内の金》国内の金相場は、様子見ムードとなったNY相場や為替動向を眺めて小動きな展開に。買取ベースでは1gあたり4,608円(-6円)と、小幅ながら値を下げ3日続落となりました。
  • 2016/09/21 《海外の金》20日のNY金相場は、米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明発表を翌日に控えて様子見姿勢が強まる中、ほぼ横ばいとなった。中心限月の12月限は1トロイオンス1318.20ドル(+0.40ドル)と、小幅ながら値を上げ、続伸して取引きを終了。
  • 2016/09/21 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 9/21
  • 2016/09/21 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 9/21
  • 2016/09/20  《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 9/20
  • 2016/09/16 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 9/16
  • 2016/09/15 《国内の金》国内の金相場は、プラスに転じたNY相場を映して上伸。買取ベースでは1gあたり4,674円(+9円)と、小幅に値を伸ばし続伸しました。
  • 2016/09/15 《海外の金》14日のNY金相場は、このところの売り過剰感や、9月の米利上げ観測への警戒感がやや緩和した事から買い戻され小幅高に。中心限月の12月限は1トロイオンス1326.10ドル(+2.40ドル)と、6営業日ぶりに反発して取引きを終了。
  • 2016/09/15  《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 9/15
  • 2016/09/15 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 9/15
  • 2016/09/14 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 9/14
  • 2016/09/13 《国内の金》国内の金相場は、引き続き軟調となった週明けのNY相場や、円高の進行からマイナス圏で推移。買取ベースでは1gあたり4,648円(-46円)と、直近では最長の5営業日続落となりました。
  • 2016/09/13 《海外の金》週明け12日のNY金相場は、米の利上げ時期を巡り、取引き中は早期利上げへの警戒感から売りに押され引き続き軟調地合いが継続。中心限月の12月限は1トロイオンス1325.60ドル(-8.90ドル)と、マイナス圏で推移し、4営業日続落して取引きを終了。
  • 2016/09/13  《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 9/13
  • 2016/09/13  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 9/13
  • 2016/09/12 《国内の金》国内の金相場は、引き続き売り優勢となった週末のNY相場を映して軟調地合いが継続。買取ベースでは1gあたり4,694円(-9円)と、小幅ながら値を下げ4営業日続落となりました。
  • 2016/09/12 《海外の金》週末9日のNY金相場は、米連邦準備制度理事会(FRB)高官の利上げに関するタカ派的な発言を受けたドル高が重しとなったほか、今週の相場上伸を背景に引き続き利益確定の売りが進み軟調地合いに。中心限月の12月限は1トロイオンス1334.50ドル(-7.10ドル)と、3営業日続落して取引きを終了。
  • 2016/09/12 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 9/12
  • 2016/09/12 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 9/12
  • 2016/09/09 《国内の金》国内の金相場は、売り優勢となったNY相場を受けてこの日も軟調に推移。買取ベースでは1gあたり4,703円(-15円)と、3営業日続落となりました。
  • 2016/09/09 《海外の金》8日のNY金相場は、欧州中央銀行(ECB)による現行政策維持の決定などに対する失望感から売られ続落。中心限月の12月限は1トロイオンス1341.60ドル(-7.60ドル)と、売りが優勢で取引を終了。
  • 2016/09/09 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 9/9
  • 2016/09/09 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 9/9
  • 2016/09/08 《国内の金》国内の金相場は、マイナスに転じたNY相場を受けて小幅安が継続し続落。買取ベースでは1gあたり4,718円(-3円)と、前日相場同様に小動きな展開となりました。
  • 2016/09/08 《海外の金》7日のNY金相場は、前日までの連騰に対する利益確定売りが出たほか、ドル高に圧迫され4営業日ぶりに反落。中心限月の12月限は1トロイオンス1349.20ドル(-4.80ドル)と、マイナス圏に転じた取引きを終了。
  • 2016/09/08  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 9/8
  • 2016/09/07 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 9/7
  • 2016/09/06 《国内の金》国内の金相場は、値動きなしの横ばい。買取ベースでは1gあたり4,728円(±0円)と、高止まりとなりました。
  • 2016/09/06 《海外の金》5日のNY金相場はレーバーデーの為、休場。
  • 2016/09/06 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 9/6
  • 2016/09/06 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 9/6
  • 2016/09/05 《国内の金》国内の金相場は、買いが優った週末のNY相場を映して上伸。買取ベースでは1gあたり4,728円(+54円)と、3営業日続伸し4,700円台へ回復。連日で直近高値を上抜き、先月5日相場以来およそ1ヵ月ぶりの高値に値戻しました。
  • 2016/09/05 《海外の金》週末2日のNY金相場は、低調な米雇用統計の発表を受けて買いが強まり続伸。中心限月の12月限は1トロイオンス1326.70ドル(+9.60ドル)と、プラス圏で取引きを終了。
  • 2016/09/05 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 9/5
  • 2016/09/05  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 9/5
  • 2016/09/02 《国内の金》国内の金相場は、プラスに転じたNY相場を映して上伸。買取ベースでは1gあたり4,674円(+16円)と続伸し、先月16日相場以来およそ2週間半ぶりの高値に値戻しました。
  • 2016/09/02 《海外の金》1日のNY金相場は、安値拾いの買い戻しや、発表された米ISM製造業景況指数の低調さが意識され上昇。中心限月の12月限は1トロイオンス1317.10ドル(+5.70ドル)と、3営業日ぶりに反発して取引きを終了。
  • 2016/09/02 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 9/2
  • 2016/09/02 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 9/2
  • 2016/09/01 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 9/1
  • 2016/08/31 《国内の金》国内の金相場は、軟調となったNY相場を映して、やや押されるも、円安の進行を受けて下げを縮小し横ばい圏で推移。買取ベースでは1gあたり4,647円(-1円)と、小幅安に振れ3営業日ぶりに値を下げました。
  • 2016/08/31 《海外の金》30日のNY金相場は、ドル高・ユーロ安の進行に伴う割高感や、米国の早期利上げ観測を背景に相場を圧迫。中心限月の12月限は1トロイオンス1316.50ドル(-10.60ドル)と、3営業日ぶりに反落して取引きを終了。
  • 2016/08/31 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 8/31
  • 2016/08/31 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 8/31
  • 2016/08/30 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 8/30
  • 2016/08/29 《国内の金》国内の金相場は、小幅高に振れた週末の海外相場や、円安の進行を受けて大幅上昇。買取ベースでは1gあたり4,638円(+58円)と、3営業日ぶりに反発し、19日相場以来およそ2週間ぶりの高値に値戻しました。
  • 2016/08/29 《海外の金》週末26日のNY金相場は、前日までの売り過剰感から買い戻しが優勢となり上昇。中心限月の12月限は1トロイオンス1325.90ドル(+1.30ドル)と、3営業日ぶりに小反発して取引きを終了。
  • 2016/08/29 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 8/29
  • 2016/08/29  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 8/29
  • 2016/08/26 《国内の金》国内の金相場は、引き続き売り優勢となったNY相場を映して続落。買取ベースでは1gあたり4,580円(-15円)と、軟調推移となりました。
  • 2016/08/26 《海外の金》25日のNY金相場は、イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演を翌日に控えて様子見ムードが強まる中、米国経済指標の改善や、連銀幹部らのタカ派的な発言などに圧迫され続落。中心限月の12月限は1トロイオンス1324.60ドル(-5.10ドル)と、売り優勢で取引きを終了。
  • 2016/08/26  《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 8/26
  • 2016/08/26 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 8/26
  • 2016/08/25 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 8/25
  • 2016/08/24 《国内の金》国内の金相場は、小幅ながら買いが優勢となったNY相場を映して小反発。買取ベースでは1gあたり4,632円(+8円)と、3営業日ぶりにプラスに転じました。
  • 2016/08/24 《海外の金》23日のNY金相場は、26日の米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長の講演を前に様子見ムードが強まるなか、前日までの売り反動や、持ち高を調整する目的の買いが入り上昇。中心限月の9月限は1トロイオンス1346.10ドル(+2.70ドル)と、小幅ながら3営業日ぶりに反発して取引きを終了。
  • 2016/08/24  《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 8/24
  • 2016/08/24  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 8/24
  • 2016/08/23 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 8/23
  • 2016/08/22 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 8/22
  • 2016/08/19  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 8/19
  • 2016/08/18 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 8/18
  • 2016/08/17 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 8/17
  • 2016/08/16 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 8/16
  • 2016/08/09 【夏季休業のお知らせ】誠に勝手ながら、8月10日(水)〜8月15日(月)までを夏季休業とさせていただきます。
  • 2016/08/09 《国内の金》国内の金相場は、海外相場では引き続き売りが優ったものの、円安の流れや引け後に買い戻されたことを受けて反発。買取ベースでは1gあたり4,714円(+25円)と、本日はプラス圏での値動きとなりました。
  • 2016/08/09 《海外の金》週明け8日のNY金相場は、前週末の売り優勢の勢いに押され小幅続落。中心限月の12月限は1トロイオンス1341.30ドル(-3.10ドル)で取引きを終了。
  • 2016/08/09  《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 8/9
  • 2016/08/09 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 8/9
  • 2016/08/08 【夏季休業のお知らせ】誠に勝手ながら、8月10日(水)〜8月15日(月)までを夏季休業とさせていただきます。
  • 2016/08/08 《国内の金》国内の金相場は、米の雇用統計結果を背景に売りが広がった週末のNY相場安を映して軟調に推移。買取ベースでは1gあたり4,689円(-58円)と、マイナスに転じ反落となりました。
  • 2016/08/08 《海外の金》週末5日のNY金相場は、良好な米雇用統計の発表を受けて、売りが活発化。中心限月の12月限は1トロイオンス1344.40ドル(-23.00ドル)と、大幅反落で取引きを終了。
  • 2016/08/08 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 8/8
  • 2016/08/05 【夏季休業のお知らせ】誠に勝手ながら、8月10日(水)〜8月15日(月)までを夏季休業とさせていただきます。
  • 2016/08/05 《国内の金》国内の金相場は、買い戻されたNY相場を映して上昇。買取ベースでは1gあたり4,747円(+14円)と、プラスに転じ、3営業日ぶりに反発しました。
  • 2016/08/05 《海外の金》4日のNY金相場は、イングランド銀行が7年ぶりの利下げを含む緩和パッケージを発表したことを背景に、買いが入り反発。中心限月の12月限は1トロイオンス1367.30ドル(+2.70ドル)と、小幅ながらプラスに転じて取引きを終了。
  • 2016/08/05 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 8/5
  • 2016/08/05 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 8/5
  • 2016/08/04 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 8/4
  • 2016/08/03 【夏季休業のお知らせ】誠に勝手ながら、8月10日(水)〜8月15日(月)までを夏季休業とさせていただきます。
  • 2016/08/03 《国内の金》国内の金相場は、NY市場では年初来高値を上抜き、およそ2年5か月ぶりの高値を付けるも、為替が円高に進んだ事から上げを消化され反落。買取ベースでは1gあたり4,750円(-9円)と、小幅に値を下げマイナスに転じました。
  • 2016/08/03 《海外の金》2日のNY金相場は、ドル安に伴う割安感や、各国の緩和的な金融政策が長引くとの見方が広がり、金市場への余剰資金の流入が続くと期待した買いが入り上伸。中心限月の12月限は1トロイオンス1372.60ドル(+13.00ドル)と、6営業日続伸し、年初来高値を更新。中心終値では2014年3月17日相場以来およそ2年5ヶ月ぶりの高値を付けて取引きを終了。
  • 2016/08/03 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 8/3
  • 2016/08/03 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 8/3
  • 2016/08/02 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 8/2
  • 2016/08/01 《国内の金》国内の金相場は、週末のNY市場では買いが優ったものの、円高要因に押され軟調に推移。買取ベースでは1gあたり4,749円(-50円)と続落し、マイナス圏での値動きとなりました。
  • 2016/08/01 《海外の金》週末29日のNY金相場は、4-6月期の米GDPが予想から大幅に下振れしたほか、ドル安が追い風となり4営業日続伸。中心限月の12月限は1トロイオンス1357.50ドル(+16.30ドル)と、大きく値を上げ、中心終値では7月8日以来3週間ぶりの高値で取引きを終了。
  • 2016/08/01  《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 8/1
  • 2016/07/29 《国内の金》国内の金相場は、海外相場では買いが継続したものの、円高要因から上げを消化され反落。買取ベースでは1gあたり4,799円(-19円)と、マイナス圏での値動きとなりました。
  • 2016/07/29 《海外の金》28日のNY金相場は、前日に公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)声明が目先の利上げを明確に示唆する内容ではなかった安心感などから買われ、3営業日続伸した。中心限月の12月限は1トロイオンス1341.20ドル(+6.70ドル)と、中心終値では7月13日相場以来およそ2週間ぶりの高値に戻して取引きを終了。
  • 2016/07/29 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 7/29
  • 2016/07/29 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 7/29
  • 2016/07/28  《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 7/28
  • 2016/07/28 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 7/28
  • 2016/07/27  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 7/27
  • 2016/07/26 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 7/26
  • 2016/07/26 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 7/26
  • 2016/07/25 《国内の金》国内の金相場は、売りが優った週末のNY市場を映して反落。買取ベースでは1gあたり4,829円(-8円)と、小幅ながら値を下げ、マイナスに転じました。
  • 2016/07/25 《海外の金》週末22日のNY金相場は、新たな取引材料に乏しいなか、ドルが主要通貨に対して上昇した事が重しとなり反落。中心限月の8月限は1トロイオンス1323.40ドル(-7.60ドル)と、売りが優勢で取引きを終了。
  • 2016/07/25  《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 7/25
  • 2016/07/25 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 7/25
  • 2016/07/22  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 7/22
  • 2016/07/21 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 7/21
  • 2016/07/20 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 7/20
  • 2016/07/20 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 7/20
  • 2016/07/19 《国内の金》連休明けの国内金相場は、堅調地合いが継続し上伸。買取ベースでは1gあたり4,839円(+14円)と、直近では最長の6営業日続伸。連日で月初来高値を付け、前営業日同様に3月17日相場以来およそ4ヵ月ぶりの高値継続となりました。
  • 2016/07/19 《海外の金》週明け18日のNY金相場は、全体的に薄商いとなった中、ドルがユーロに対して下落したことで割安感が意識され買いが優勢に。中心限月の8月は1トロイオンス1329.30ドル(+1.90ドル)と、3営業日ぶりに反発して取引きを終了。
  • 2016/07/19 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 7/19
  • 2016/07/19 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 7/19
  • 2016/07/15 《国内の金》国内の金相場は、海外相場ではリスクオンの流れから売りが優るも、円安の進行を受けて上伸。買取ベースでは1gあたり4,825円(+14円)と、5営業日続伸し上げ幅を拡大。連日で直近の高値を上抜き、3月17日相場以来およそ4ヵ月ぶりの高値となりました。
  • 2016/07/15 《海外の金》14日のNY金相場は、原油相場の上昇や欧米の株高など、投資家のリスク選好地合いに押される形で売りが優り反落。中心限月の8月限は1トロイオンス1332.20ドル(-11.40ドル)と、マイナスに転じて取引きを終了。
  • 2016/07/15  《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 7/15
  • 2016/07/15  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 7/15
  • 2016/07/14 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 7/14
  • 2016/07/13 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 7/13
  • 2016/07/12 《国内の金》国内の金相場は、海外相場では小幅安に振れたものの、円安の進行から下げを相殺し上伸。買取ベースでは1gあたり4,771円(+33円)と、直近高値を上抜き、5月19日相場以来およそ2ヶ月ぶりの高値となりました。
  • 2016/07/12 《海外の金》週明け11日のNY金相場は、欧米株の上昇などリスク選好地合いに押される形で売りが優勢の展開に。中心限月の8月限は1トロイオンス1356.60ドル(-1.80ドル)と、小幅ながら3営業日続落して取引きを終了。
  • 2016/07/12 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 7/12
  • 2016/07/12 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 7/12
  • 2016/07/11 《国内の金》国内の金相場は、週末の海外相場では売りが優ったものの、為替が円安に振れたことから上昇。買取ベースでは1gあたり4,738円(+17円)と反発し、プラスに転じました。
  • 2016/07/11 《海外の金》週末8日のNY金相場は、堅調な米雇用統計の発表直後に急落したが、その後は買い戻しが入り小幅続落となった。中心限月の8月限は1トロイオンス1358.40ドル(-3.70ドル)と、小幅ながら値を下げて取引きを終了。
  • 2016/07/11 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 7/11
  • 2016/07/11  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 7/11
  • 2016/07/08 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 7/8
  • 2016/07/08 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 7/8
  • 2016/07/07 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 7/7
  • 2016/07/07  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 7/7
  • 2016/07/06 《国内の金》国内の金相場は、連休明けの海外相場高を映すも、円高の進行を受けて軟調に推移。買取ベースでは1gあたり4,745円(-9円)と、本日は小幅に値を下げマイナス圏で推移。およそ1ヶ月半ぶり(5月20日相場来)の高値を付けるなど上値追いの展開となっていた前日までの連騰が一服し、5営業日ぶりに反落となりました。
  • 2016/07/06 《海外の金》連休明け5日のNY金相場は、金融市場の混乱や世界経済の成長鈍化が意識され買いが活発化。中心限月の8月限は1トロイオンス1358.70ドル(+19.70ドル)と続伸し、中心終値では2014年3月18日相場以来およそ2年4カ月ぶりの高値で取引きを終了。
  • 2016/07/06 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 7/6
  • 2016/07/06  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 7/6
  • 2016/07/05  《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 7/5
  • 2016/07/05 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 7/5
  • 2016/07/04 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 7/4
  • 2016/07/01 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 7/1
  • 2016/06/30 《国内の金》国内の金相場は、NY相場が買い戻された事を映して小反発。買取ベースでは1gあたり4,644円(+4円)と、小幅ながらプラスに転じ、3営業日ぶりに反発となりました。
  • 2016/06/30 《海外の金》29日のNY金相場は、ユーロなどに対するドル高が一服し、ドル建ての金価格は割安感が意識されたほか、英国の欧州連合(EU)離脱決定の衝撃で生じた長期的な金融市場の不透明感から安全資産への投資意欲が継続し反発。中心限月の8月限は1トロイオンス1326.90ドル(+9.00ドル)と、再び年初来高値を更新し、中心終値では2014年7月11日相場以来およそ2年ぶりの高値で取引きを終了。
  • 2016/06/30 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 6/30
  • 2016/06/30  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 6/30
  • 2016/06/29 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 6/29
  • 2016/06/28 《国内の金》国内の金相場は、NY市場では引き続き買い地合い継続となるも、円高要因から上げを消化され反落。買取ベースでは1gあたり4,651円(-39円)と、前日までの大幅高が一服し、3営業日ぶりにマイナスに転じました。
  • 2016/06/28 《海外の金》週明け27日のNY金相場は、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)決定をめぐる先行き不安から、原油や株式などリスク資産が売られる中、引き続き安全資産としての買いが継続し上伸。 中心限月の8月限は1トロイオンス1324.70ドル(+2.30ドル)と続伸し、先週末に付けた2年超ぶり(2014年7月来)の高値を維持して取引きを終了。
  • 2016/06/28 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 6/28
  • 2016/06/28 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 6/28
  • 2016/06/27 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 6/27
  • 2016/06/24 《国内の金》国内の金相場は、NY市場が引き続きリスクオンの流れに押される中、為替が円安・ドル高に振れたことを受けて反発。買取ベースでは1gあたり4,583円(+34円)と、4営業日ぶりに値を上げ、ここ最近の連続安が一服する展開となりました。
  • 2016/06/24 《海外の金》23日のNY金相場は、英国の欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票が実施される中、引き続きEU残留への思惑が強まった事から投資家のリスク回避意欲が後退し軟調に推移。中心限月の8月限は1トロイオンス1263.10ドル(-6.90ドル)と、5営業日続落し、中心終値では8日相場以来およそ2週間ぶりの安値で取引きを終了。
  • 2016/06/24 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 6/24
  • 2016/06/24 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 6/24
  • 2016/06/23 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 6/23
  • 2016/06/22 《国内の金》国内の金相場は、売りが優勢となったNY相場を映して軟調に推移。買取ベースでは1gあたり4,571円(-49円)と続落し、3日相場ぶりの安値に値戻しました。
  • 2016/06/22 《海外の金》21日のNY金相場は、英国の欧州連合(EU)離脱懸念の後退や、利益確定を目的とした売り、対ユーロでのドル高などを背景に3営業日続落。中心限月の8月限は1トロイオンス1272.50ドル(-19.60ドル)と、8日相場以来およそ2週間ぶりの安値に戻して取引きを終了。
  • 2016/06/22 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 6/22
  • 2016/06/22  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 6/22
  • 2016/06/21 《国内の金》国内の金相場は、小幅ながら売り優勢となった週明けのNY相場を映して反落。買取ベースでは1gあたり4,620円(-15円)と、本日はマイナス圏での値動きとなりました。
  • 2016/06/21 《海外の金》週明け20日のNY金相場は、英国のEU離脱懸念を背景とした投資家のリスク回避の動きが一服し小幅続落。中心限月の8月限は1トロイオンス1292.10ドル(-2.70ドル)と、小幅に値を下げて取引きを終了。
  • 2016/06/21  《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 6/21
  • 2016/06/21 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 6/21
  • 2016/06/20 《国内の金》国内の金相場は、週末の海外相場では8営業日ぶりにマイナスに転じたものの、円安要因などから上昇し反発。買取ベースでは1gあたり4,635円(+21円)と、本日はプラス圏での値動きとなりました。
  • 2016/06/20 《海外の金》週末17日のNY金相場は、前日までの7連騰を受けた利益確定売りに押され、この日は売りが優勢で取引きを終了。中心限月の8月限は1トロイオンス1294.80ドル(-3.60ドル)と、8営業日ぶりに反落して取引きを終了。
  • 2016/06/20 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 6/20
  • 2016/06/20 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 6/20
  • 2016/06/17 《国内の金》国内の金相場は、NY市場では買い優勢で推移したものの、円高の進行や、引け後に進んだ利益確定売りを受けて大幅反落。買取ベースでは1gあたり4,614円(-90円)と、前日に付けたおよそ3週間ぶりの高値から後退し、先週8日以来およそ1週間ぶりの安値に戻すなど上昇が一服する展開となりました。
  • 2016/06/17 《海外の金》16日のNY金相場は、前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を受けて、米国での低金利が長引き金市場への資金流入が進むとの見方や、世界経済の先行き不安の高まりを背景に買いが継続。中心限月の8月限は1トロイオンス1298.40ドル(+10.10ドル)と、直近では最長の7営業日続伸し、中心終値では2015年1月22日相場以来およそ1年5ヶ月ぶりの高値を付けて取引きを終了。
  • 2016/06/17 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 6/17
  • 2016/06/17  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 6/17
  • 2016/06/16 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 6/16
  • 2016/06/15 《国内の金》国内の金相場は、逃避需要から買いが優ったNY相場に反して小反落。買取ベースでは1gあたり4,680円(-8円)と、小幅ながら値を下げ、5営業日ぶりにマイナス推移となりました。
  • 2016/06/15 《海外の金》14日のNY金相場は、欧州連合(EU)離脱の是非を問う英国民投票への警戒感や、世界的に株安となるなど投資家心理の悪化を背景に安全資産としての買いが進み小幅高。中心限月の8月限は1トロイオンス1288.10ドル(+1.20ドル)と、直近では最長の5営業日続伸し、中心終値では前日相場同様に5月6日相場以来およそ6週間ぶりの高値で取引きを終了。
  • 2016/06/15 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 6/15
  • 2016/06/15 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 6/15
  • 2016/06/14 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 6/14
  • 2016/06/13 《国内の金》国内の金相場は、週末のNY相場が引き続き堅調となった事を映して上伸。買取ベースでは1gあたり4,688円(+25円)と、3営業日続伸し、前日相場同様5月24日相場以来およそ3週間ぶりの高値継続となりました。
  • 2016/06/13 《海外の金》週末10日のNY金相場は、世界的な株安や金利の低下を受けて、投資家のリスク回避姿勢が強まる中、逃避需要から買いを集め上伸。中心限月の8月限は1トロイオンス1275.90ドル(+3.20ドル)と、3営業日続伸し、中心終値では5月18日相場以来およそ1ヶ月ぶりの高値で取引きを終了。
  • 2016/06/13 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 6/13
  • 2016/06/13  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 6/13
  • 2016/06/10 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 6/10
  • 2016/06/09  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 6/9
  • 2016/06/08 《国内の金》国内の金相場は、NY相場が小幅ながら3営業日ぶりに下振れた事などからマイナス圏へ。買取ベースでは1gあたり4,585円(-18円)と、前日までの上伸が一服し、3営業日ぶりにマイナスに転じました。
  • 2016/06/08 《海外の金》7日のNY金相場は、米国での利上げ先送り観測を背景に相場が6日まで急上昇した反動から、目先の利益を確定する目的の売りがやや優勢となり小幅安。中心限月の8月限は1トロイオンス1247.00ドル(-0.40ドル)と、ほぼ横ばい圏ながら小幅に値を下げ、3営業日ぶりに反落して取引きを終了。
  • 2016/06/08 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 6/8
  • 2016/06/08 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 6/8
  • 2016/06/07 《国内の金》国内の金相場は、週明けのNY相場が引き続きプラス圏で引けたことを映して上伸。買取ベースでは1gあたり4,603円(+7円)と、小幅ながら値を伸ばし、月初1日ぶりの高値へ。同日ぶりに4,600円台に値戻す展開となりました。
  • 2016/06/07 《海外の金》週明け6日のNY金相場は、先週末に引き続き米国の6月追加利上げ観測後退による買いが継続し続伸。中心限月の8月限は1トロイオンス1247.40ドル(+4.50ドル)と、2営業日続伸し、前営業日相場同様に中心終値では先月23日相場以来およそ2週間ぶりの高値を継続して取引きを終了。
  • 2016/06/07 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 6/7
  • 2016/06/07  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 6/7
  • 2016/06/06 《国内の金》国内の金相場は、低調な内容となった5月の米雇用統計を背景に、NY相場が急騰した事を映して急反発。買取ベースでは1gあたり4,596円(+49円)と、ここ最近の安値圏推移から持ち直し、3営業日ぶりにプラスに転じました。
  • 2016/06/06 《海外の金》週末3日のNY金相場は、低調な米雇用統計の発表を受けた対ユーロでのドル急落や、米国の早期利上げ観測の後退を背景に3営業日ぶりに急反発。中心限月の8月限は1トロイオンス1242.90ドル(+30.30ドル)と、ここ最近の安値圏から持ち直し、1日の上げ幅では3月17日相場以来およそ11週間振りの大きさで取引きを終了。
  • 2016/06/06 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 6/6
  • 2016/06/06 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 6/6
  • 2016/06/03 《国内の金》国内の金相場は、売りが優勢となったNY相場安や、円高要因から引き続き軟調地合いが継続し続落。買取ベースでは1gあたり4,547円(-26円)と、2営業日続落し、1月29日相場以来およそ4か月ぶりの安値に値戻す展開となりました。
  • 2016/06/03 《海外の金》2日のNY金相場は、方向感に乏しくもみ合う場面が目立つなか、欧州中央銀行(ECB)による主要政策金利の据え置き決定を受けたドル高・ユーロ安の流れに押され相場を圧迫。中心限月の8月限は1トロイオンス1212.60ドル(-2.10ドル)と、続落して取引きを終了。
  • 2016/06/03 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 6/3
  • 2016/06/02 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 6/2
  • 2016/06/01 《国内の金》国内金相場は、連休明けのNY相場が小幅高に振れた事を映して上伸。買取ベースでは1gあたり4,640円(+12円)と続伸し、ここ最近の連続安が一服する展開となりました。
  • 2016/06/01 《海外の金》連休明け31日のNY金相場は、前週末に中心限月としておよそ2カ月ぶりの安値を付けており、この日は自律反発を見込んだ買いが入ったほか、米国の株安が相場を下支えし小反発。中心限月の8月限は1トロイオンス1217.50ドル(+0.80ドル)と、ほぼ横ばい圏ながら小幅に値を上げ、9営業日ぶりにプラスに転じて取引きを終了。
  • 2016/06/01 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 6/1
  • 2016/06/01  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 6/1
  • 2016/05/31 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 5/31
  • 2016/05/30 《国内の金》国内の金相場は、週末のNY市場が引き続き売り優勢の展開となった事を映して軟調地合いが継続。買取ベースでは1gあたり4,609円(-15円)と、直近では最長の8日続落。ここ最近の安値を下抜いて、1月29日相場ぶりの安値に値戻すなど現在調整地合いとなっております。
  • 2016/05/30 《海外の金》週末27日のNY金相場は、引き続きドル高に相場を圧迫されたほか、FRBイエレン議長の発言を受けて相場を圧迫。中心限月の8月限は1トロイオンス1216.70ドル(-6.00ドル)と、直近では最長の8営業日続落となり、中心終値では2月22日相場以来およそ3カ月ぶりの安値に戻して取引きを終了。
  • 2016/05/30 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 5/30
  • 2016/05/30  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 5/30
  • 2016/05/27 《国内の金》国内の金相場は、引き続き売りが継続したNY相場の値動きを映して軟調に推移。買取ベースでは1gあたり4,624円(-16円)と、直近では最長の7営業日続落し、前日相場同様に、先月19日相場以来およそ1ヶ月ぶりの安値継続となりました。
  • 2016/05/27 《海外の金》26日のNY金相場は、このところの連続安による売り過剰感から序盤は買い戻しが先行するも、米国住宅指数の上昇や、引き続き同国の早期利上げ観測に相場を圧迫され売りに反転した。中心限月の6月限は1トロイオンス1220.40ドル(-3.40ドル)、7営業日続落し、中心終値では先月4日相場以来の安値に戻して取引きを終了。
  • 2016/05/27 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 5/27
  • 2016/05/27  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 5/27
  • 2016/05/26  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 5/26
  • 2016/05/25 《国内の金》国内の金相場は、引き続き調整地合いが継続したNY相場安を映して軟調に推移。買取ベースでは1gあたり4,654円(-52円)と、5営業日続落し、先月19日相場以来およそ1ヵ月ぶりの安値に値戻す展開となりました。
  • 2016/05/25 《海外の金》24日のNY金相場は、良好な内容となった米国の4月新築住宅販売件数や、引き続き早期利上げ観測が意識されたことによるドル高の進行、米国株の上昇に相場を圧迫され売りが継続。中心限月の6月限は1トロイオンス1229.20ドル(-22.30ドル)と、5営業日続落し、中心終値では先月14日相場以来およそ1ヶ月半ぶりの安値に戻して取引きを終了。
  • 2016/05/25 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 5/25
  • 2016/05/25 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 5/25
  • 2016/05/24 《国内の金》国内の金相場は、売り地合いが継続した週明けのNY相場や、円高要因から軟調に推移。買取ベースでは1gあたり4,706円(-35円)と、4営業日続落となりました。
  • 2016/05/24 《海外の金》週明け23日のNY金相場は、手掛かり材料不足の中、引き続き米国の早期利上げ観測や対ユーロでのドル高基調を背景に4営業日続落。中心限月の6月限は1トロイオンス1251.50ドル(-1.40ドル)と、引けにかけてやや買い戻されたことから下げ幅を小幅にとどめるも、売り優勢で取引きを終了。
  • 2016/05/24 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 5/24
  • 2016/05/24 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 5/24
  • 2016/05/23 《国内の金》国内の金相場は、引き続き小幅安となった週末のNY相場を映して軟調に推移。買取ベースでは1gあたり4,741円(-19円)と、3営業日続落となりました。
  • 2016/05/23 《海外の金》週末20日のNY金相場は、外国為替市場でドルがユーロに対して強含んだことによる割高感や、米国株高によるリスク選好地合いに相場を圧迫され売り優勢に。中心限月の6月限は1トロイオンス1252.90ドル(-1.90ドル)と、小幅ながら値を下げ3営業日続落して取引きを終了。
  • 2016/05/23 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 5/23
  • 2016/05/23 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 5/23
  • 2016/05/20 《国内の金》国内の金相場は、NY相場がおよそ3週間ぶりの安値に沈下した後にやや値を戻すも、円安一服を受けた下げが響き軟調に推移。買取ベースでは1gあたり4,760円(-13円)と、2営業日続落となりました。
  • 2016/05/20 《海外の金》19日のNY金相場は、前日引け後に公表された4月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を受けて6月利上げの可能性が示唆されたことから、外国為替市場ではドルが対ユーロでおよそ1カ月半ぶりの高値を付けるなど、ドルの先高観が意識され金は相場を圧迫。中心限月の6月限は1トロイオンス1254.80ドル(-19.60ドル)と続落し、中心終値では先月27日相場以来およそ3週間ぶりの安値に戻して取引きを終了。
  • 2016/05/20 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 5/20
  • 2016/05/20  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 5/20
  • 2016/05/19  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 5/19
  • 2016/05/18 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 5/18
  • 2016/05/17 《国内の金》国内の金相場は、小幅ながらも上伸した週明けのNY相場高や、円安要因から堅調に推移し続伸。買取ベースでは1gあたり4,788円(+11円)と、連日で月初来高値を更新し、3月30日相場以来およそ1か月半ぶりの高値を付ける展開となりました。
  • 2016/05/17 《海外の金》週明け16日のNY金相場は、原油相場の高値更新など投資家のリスク投資意欲が回復する中、朝方の高値水準からは値を下げるも、弱かった米国の経済指標を受けた買いに支えられ続伸。中心限月の6月限は1トロイオンス1274.20ドル(+1.50ドル)と、小幅ながら値を伸ばし2営業日続伸して取引きを終了。
  • 2016/05/17  《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 5/17
  • 2016/05/17 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 5/17
  • 2016/05/16 《国内の金》国内の金相場は、小幅高に振れた週末の海外相場や為替要因から堅調に推移。買取ベースでは1gあたり4,774円(+15円)と、3営業日ぶりに上昇。月初来高値を上抜いて、先月末28日相場以来およそ2週間ぶりの高値となりました。
  • 2016/05/16 《海外の金》週末13日のNY金相場は、良好な米経済指標を受けたドル高に一時押されるも、米国株安による逃避需要やチャート絡みの買いでプラス圏に浮上。中心限月の6月限は1トロイオンス1272.70ドル(+1.50ドル)と、小幅に値を上げ反発して取引きを終了。
  • 2016/05/16 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 5/16
  • 2016/05/16  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 5/16
  • 2016/05/13 《国内の金》国内金相場は、マイナスに転じた海外相場安を映すも為替要因から全体では小動きな展開となり、ほぼ横ばいのレンジ推移。買取ベースでは1gあたり4,759円(-1円)と、前日相場同様に方向感に乏しい展開となりました。
  • 2016/05/13 《海外の金》12日のNY金相場は、米国の週間新規失業保険申請件数が市場予想に反して増加したことから一時買いが強まるも、外為市場ではドルが買い戻される場面では割高感に押され売りが優勢となった。中心限月の6月限は1トロイオンス1271.20ドル(-4.30ドル)と、マイナスに転じて取引きを終了。
  • 2016/05/13 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 5/13
  • 2016/05/13  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 5/13
  • 2016/05/12  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 5/12
  • 2016/05/11 《国内の金》国内の金相場は、NY相場では小幅安に振れたものの、為替が円安に傾斜した事から大きく反発。買取ベースでは1gあたり4,760円(+53円)と、全日の下げ幅を戻し、先月末28日相場以来およそ2週間ぶりの高値となりました。
  • 2016/05/11 《海外の金》10日のNY金相場は、全体的に小動きな展開となった中、原油相場の上昇を受けて、米国株も堅調となるなどリスク選好地合いに押されたほか、ドル高による割高感も意識され続落。中心限月の6月限は1トロイオンス1264.80ドル(-1.80ドル)と、小幅ながら値を下げ、売り優勢で取引きを終了。
  • 2016/05/11 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 5/11
  • 2016/05/11 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 5/11
  • 2016/05/10 《国内の金》国内の金相場は、軟調となった週明けの海外相場を映して反落。買取ベースでは1gあたり4,707円(-49円)と、マイナスに転じ、前日の上昇分を消化する展開となりました。
  • 2016/05/10 《海外の金》明け9日のNY金相場は、このところの上昇に対する利益確定売りが出たほか、NY連銀総裁の発言や、外為市場ではドル高が進行したことによる割高感に圧迫され売りが優勢に。中心限月の6月限は1トロイオンス1266.60ドル(-27.40ドル)と、マイナスに転じて取引きを終了。
  • 2016/05/10 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 5/10
  • 2016/05/10  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 5/10
  • 2016/05/09 《国内の金》国内の金相場は、週末のNY相場が大幅反発した事を映して堅調に推移。買取ベースでは1gあたり4,756円(+39円)と、3営業日ぶりにプラスに転じ反発となりました。
  • 2016/05/09 《海外の金》週末6日のNY金相場は、低調な内容となった米国の4月雇用統計を受けて買いが広がり4営業日ぶりに大幅反発。中心限月の6月限は1トロイオンス1294.00ドル(+21.70ドル)と、およそ1年3ヶ月ぶりの高値(昨年1月22日相場)を付けた月初2日相場以来の高値に戻して取引きを終了。
  • 2016/05/09 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 5/9
  • 2016/05/09  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 5/9
  • 2016/05/06 《海外の金》5日のNY金相場は、低調な内容となった米国経済指標を受けて買い戻しが入るも、ドル高による割高感に相場を押され売りが優勢に。中心限月の6月限は1トロイオンス1272.30ドル(-2.10ドル)と、3営業日続落して取引きを終了。
  • 2016/05/06 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 5/6
  • 2016/05/06 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 5/6
  • 2016/04/28 【GW休業のお知らせ】誠に勝手ながら、4/29(金)〜5/5(木)までをGW休業とさせて頂きます。
  • 2016/04/28 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 4/28
  • 2016/04/27  【GW休業のお知らせ】誠に勝手ながら、4/29(金)〜5/5(木)までをGW休業とさせて頂きます。
  • 2016/04/27 《国内の金》国内の金相場は、買い地合いが継続したNY相場や円安要因から堅調に推移し上伸。買取ベースでは1gあたり4,758円(+33円)と、3日続伸し上げ幅を拡大。前日相場同様に直近高値を上抜き、現在一段高での値動きとなっております。
  • 2016/04/27 《海外の金》26日のNY金相場は、米連邦公開市場委員会(FOMC)が、この日から2日間の日程で始まり全体的に様子見が広がる中、冴えない内容となった米国経済指標を受けたドル安を背景に買い支えられ上伸。中心限月の6月限は1トロイオンス1243.40ドル(+3.20ドル)と続伸し、買い優勢で取引きを終了。
  • 2016/04/27 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 4/27
  • 2016/04/27 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 4/27
  • 2016/04/26 【GW休業のお知らせ】誠に勝手ながら、4/29(金)〜5/5(木)までをGW休業とさせて頂きます。
  • 2016/04/26 《国内の金》国内の金相場は、買い戻された週明けのNY相場を映して上伸。買取ベースでは1gあたり4,725円(+5円)と、小幅ながら値を伸ばし2日続伸。前日相場同様に直近高値を上抜いて、月初1日相場ぶりの高値を継続しております。
  • 2016/04/26 《海外の金》週明け25日のNY金相場は、安値拾いや、投資家心理の後退、ドル安・ユーロ高を背景に買い戻しが強まり反発。中心限月の6月限は1トロイオンス1240.20ドル(+10.20ドル)と、3営業日ぶりにプラスに転じて取引きを終了。
  • 2016/04/26  《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 4/26
  • 2016/04/26  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 4/26
  • 2016/04/25 【GW休業のお知らせ】誠に勝手ながら、4/29(金)〜5/5(木)までをGW休業とさせて頂きます。
  • 2016/04/25 《国内の金》国内の金相場は週末の海外相場では軟調となったものの、為替がおよそ3週間ぶりの円安水準となったことから値を上げ上昇。買取ベースでは1gあたり4,720円(+20円)と、3営業日ぶりにプラスに転じ、月初1日相場以来およそ3週間ぶりの高値となりました。
  • 2016/04/25 《海外の金》週末22日のNY相場は、外為市場ではドルが主要通貨に対して上昇するなど割高感に圧迫されたほか、週末を前にした持ち高調整売りに押され続落。中心限月の6月限は1トロイオンス1230.00ドル(-20.30ドル)と、売り優勢で取引きを終了。
  • 2016/04/25 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 4/25
  • 2016/04/25 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 4/25
  • 2016/04/22 【GW休業のお知らせ】誠に勝手ながら、4/29(金)〜5/5(木)までをGW休業とさせて頂きます。
  • 2016/04/22 《海外の金》国内の金相場は、値動きなしの横ばい。買取ベースでは1gあたり4,700円(±0円)と、3日連日横ばい圏での値動きとなりました。
  • 2016/04/22 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 4/22
  • 2016/04/22  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 4/22
  • 2016/04/21 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 4/21
  • 2016/04/20 《国内の金》国内の金相場は、大幅高となったNY相場を映して上げ幅を拡大。買取ベースでは1gあたり4,701円(+80円)と、大きく値を伸ばし、月初の1日相場以来およそ3週間ぶりの高値となりました。
  • 2016/04/20 《海外の金》19日のNY金相場は、低調な内容となった米住宅関連指数や、外為市場ではドル安の進行を背景に買いが集まり大幅続伸。中心限月の6月限は1トロイオンス1254.30ドル(+19.30ドル)と3営業日続伸し、中心終値では先週12日相場以来およそ1週間ぶりの高値を付けて取引きを終了。
  • 2016/04/20 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 4/20
  • 2016/04/20  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 4/20
  • 2016/04/19 《国内の金》国内の金相場は、小幅続伸した週明けのNY市場や、円安要因から値を上げ上昇。買取ベースでは1gあたり4,621円(+10円)と、前日までの連続安が一服し、4営業日ぶりに反発しました。
  • 2016/04/19 《海外の金》週明け18日のNY金相場は、原油の相場の値動きや、欧米株価を眺めて売り買いが交錯。中心限月の6月限は1トロイオンス1235.00ドル(+0.40ドル)と、ほぼ横ばい圏ながら小幅に続伸して取引きを終了。
  • 2016/04/19 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 4/19
  • 2016/04/19 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 4/19
  • 2016/04/18 《国内の金》国内の金相場は、週末のNY相場では堅調に推移したものの、為替が円高・ドル安に傾斜した事を受けて上昇分を消化。買取ベースでは1gあたり4,611円(-23円)と円高要因から相場を圧迫され、3営業日続落となりました。
  • 2016/04/18 《海外の金》週末15日のNY金相場は、低調な内容となった米国の経済指標を受けて買いが旺盛となったほか、原油相場の下落や株式相場の軟調を背景にリスク投資意欲が一服する中、相対的に金は買われ上昇。中心限月の6月限は1トロイオンス1234.60ドル(+8.10ドル)と、3営業日ぶりに反発。途中、週末を前にした持ち高調整からやや上値を抑えられるも、引き続き軟調に推移したドルや、株安を眺めて金は堅調を維持しこの日は買いが優勢で取引を終了。
  • 2016/04/18 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 4/18
  • 2016/04/18 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 4/18
  • 2016/04/15 《国内の金》国内の金相場は為替が円安に振れるも、売りが優ったNY相場を映して軟調に推移。買取ベースでは1gあたり4,634円(-13円)と続落し、週間5日間では3日目の下落となりました。
  • 2016/04/15 《海外の金》14日のNY金相場は、外為市場でドル高が進んだことによる割高感や、世界各国の株価が堅調に推移したことが逃避需要としての金買いを後退させ続落。中心限月の6月限は1トロイオンス1226.50ドル(-21.80ドル)と、この日も売りが優勢で取引きを終了。
  • 2016/04/15 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 4/15
  • 2016/04/15 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 4/15
  • 2016/04/14 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 4/14
  • 2016/04/13 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 4/13
  • 2016/04/13 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 4/13
  • 2016/04/12 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 4/12
  • 2016/04/11  《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 4/11
  • 2016/04/11 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 4/11
  • 2016/04/08 《国内の金》国内の金相場は、買い戻されたNY相場を映してプラスに転じるも、為替が円高に傾斜した事から上げ幅は小幅に留まり小反発。買取ベースでは1gあたり4,639円(+6円)と、ほぼ横ばい圏ながら、本日の貴金属相場では唯一のプラス推移となりました。
  • 2016/04/08 《海外の金》7日のNY金相場は、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録で利上げへの慎重姿勢が示された事への安心感や、原油安・米国株価が下落したことでリスク回避姿勢が強まり反発。中心限月の6月限は1トロイオンス1237.50ドル(+13.70ドル)とプラスに転じ、1週間ぶりの大幅上昇となりました。
  • 2016/04/08 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 4/8
  • 2016/04/08 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 4/8
  • 2016/04/07 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 4/7
  • 2016/04/06 《国内の金》国内の金相場は、安値買い戻しや、安全資産としての側面からNY相場が上昇した事を映して反発。買取ベースでは1gあたり4,688円(+28円)と、3営業日ぶりに反発し、ここ最近の軟調地合いが一服する展開となりました。
  • 2016/04/06 《海外の金》5日のNY金相場は、世界的な株安を背景に投資家のリスク回避姿勢が強まり、安全資産とされる金は買いを集め反発。中心限月の6月限は1トロイオンス1229.60ドル(+10.30ドル)と、3営業日ぶりに反発して取引きを終了。
  • 2016/04/06 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 4/6
  • 2016/04/06 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 4/6
  • 2016/04/05 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 4/5
  • 2016/04/04 《国内の金》国内の金相場は、良好な内容となった米の雇用統計を背景に週末のNY相場がマイネスに転じた事や、為替が円高に傾斜した事を受けて軟調に推移。買取ベースでは1gあたり4,695円(-68円)と、反落し、2月23日相場(4,695円/g)以来およそ6週間ぶりの安値に値戻す展開となりました。
  • 2016/04/04 《海外の金》週末1日のNY金相場は、発表された米の経済指標(雇用者数・製造業指数)が、共に良好な内容となった事によるドル高に圧迫され反落。中心限月の6月限は前日比12.10ドル安の1トロイオンス1223.50ドルで取引きを終了。
  • 2016/04/04 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 4/4
  • 2016/04/04  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 4/4
  • 2016/04/01 《国内の金》国内の金相場は、買い戻されたNY相場を映して堅調に推移。買取ベースでは1gあたり4,763円(+21円)と、プラスに転じ反発しました。
  • 2016/04/01 《海外の金》31日のNY金相場は、前日の下落を受けた買い戻しや、株安・ドル安を背景に買いを誘い反発。中心限月の6月限は1トロイオンス1235.60ドル(+7.00ドル)と、プラスに転じて取引きを終了。
  • 2016/04/01 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 4/1
  • 2016/04/01  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 4/1
  • 2016/03/31 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 3/31
  • 2016/03/30 《国内の金》国内の金相場は、プラスに転じたNY相場を映して堅調に推移。買取ベースでは1gあたり4,801円(+33円)と、先週までの弱地合いから持ち直し、前日相場同様に23日相場以来(およそ1週間ぶり)の高値を継続。買取では同日ぶりに4,800円台へ値戻しております。
  • 2016/03/30 《海外の金》29日のNY金相場は、イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の追加利上げに慎重な発言を受けた買いに支えられ、4営業日ぶりに反発。中心限月の4月限は1トロイオンス1235.80ドル(+15.70ドル)と、ここ最近の弱基調が一服し、中心終値では22日相場以来およそ1週間ぶりの高値を付けて取引きを終了。
  • 2016/03/30 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 3/30
  • 2016/03/30 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 3/30
  • 2016/03/29 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 3/29
  • 2016/03/28 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 3/28
  • 2016/03/28 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 3/28
  • 2016/03/25 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 3/25
  • 2016/03/25  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 3/25
  • 2016/03/24 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 3/24
  • 2016/03/23 《国内の金》国内の金相場は、逃避目的として買われたNY相場を映して上昇。買取ベース1gあたり4,824円(+16円)と、前日の下げ分をそのまま値戻し、3営業日ぶりにプラスに転じました。
  • 2016/03/23 《海外の金》22日のNY金相場は、ブリュッセルでの連続爆破テロ発生を受けて、逃避先とされる金の買いが強まり反発。中心限月の4月限は1トロイオンス1248.60ドル(+4.40ドル)と、3営業日ぶりにプラス圏に転じて取引きを終了。
  • 2016/03/23  《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 3/23
  • 2016/03/23  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 3/23
  • 2016/03/22 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 3/22
  • 2016/03/22  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 3/22
  • 2016/03/18  《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 3/18
  • 2016/03/18 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 3/18
  • 2016/03/17 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 3/17
  • 2016/03/16 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 3/16
  • 2016/03/16 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 3/16
  • 2016/03/15 《国内の金》国内の金相場は、売り地合いが継続した週明けのNY相場を映して軟調に推移。買取ベースでは1gあたり4,840円(-70円)と2営業日続落し、2週間ぶりの安値に値戻す展開となりました。
  • 2016/03/15 《海外の金》週明け14日のNY金相場は、ドルが堅調に推移した事による割高感や、米連邦準備理事会(FRB)による米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を16日に控え、このところ急速に上昇した金商品には目先の利益を確定する目的の売りが優勢となり続落。中心限月の4月限は1トロイオンス1245.10ドル(-14.30ドル)と、2週間ぶりの安値に戻して取引きを終了。
  • 2016/03/15 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 3/15
  • 2016/03/15 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 3/15
  • 2016/03/14 《国内の金》国内の金相場は、利益確定売りに押された週末のNY市場を映して軟調に推移。買取ベースでは1gあたり4,910円(-31円)と、3営業日ぶりに値を下げ、上値追いが一服。前営業日に付けた直近高値(昨年7月7日相場以来およそ8カ月ぶり)から本日はマイナスに転じております。
  • 2016/03/14 《海外の金》週末11日のNY金相場は、原油相場の上伸や堅調な欧米株を背景にリスク投資意欲が回復する中、安全資産とされる金の需要が後退し反落。中心限月の4月限は1トロイオンス1259.40ドル(-13.40ドル)と、前日に付けたおよそ1年1ヶ月ぶりの高値から後退。ドル高が一服した事や、安値拾いから再び買い戻される場面もあったが、堅調に推移している株高や、週末を前にした持ち高調整売りに押され、この日は売り優勢で取引き終了。
  • 2016/03/14 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 3/14
  • 2016/03/14 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 3/14
  • 2016/03/11 《国内の金》国内の金相場は、高値更新となったNY市場を映して大幅続伸。買取ベースでは1gあたり4,941円(+50円)と、上げ幅を拡大し一段高へ。先日8日に付けた直近高値を再度上抜き、昨年7月7日相場(4,948円/g)以来およそ8ヶ月ぶりの高値となりました。
  • 2016/03/11 《海外の金》10日のNY金相場は、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁の発言を受けて、ドルがユーロに対して軟調に推移した事が割安感につながり金は急反発。中心限月の4月限は1トロイオンス1272.80ドル(+15.40ドル)と、4営業日ぶりにプラス圏に転じ、再び年初来高値を更新。
  • 2016/03/11 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 3/11
  • 2016/03/11 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 3/11
  • 2016/03/10 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 3/10
  • 2016/03/09 《国内の金》国内の金相場は、小幅ながら値を下げた海外相場安や、為替が円高に傾斜した事を受けて反落。買取ベースでは1gあたり4,886円(-52円)と、7営業日ぶりに値を下げ、ここ最近の連騰が一服する展開となりました。
  • 2016/03/09 《海外の金》8日のNY金相場は、中国の低調な貿易統計を受け、運用リスクを避ける目的の買いが入った一方で、利益確定売りが出るなど売り買いまちまち。中心限月の4月限は1トロイオンス1262.90ドル(-1.10ドル)と、ほぼ横ばいながら小幅に値を下げ続落し取引き終了。
  • 2016/03/09  《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 3/9
  • 2016/03/09 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 3/9
  • 2016/03/08 《国内の金》国内の金相場は、海外相場では利益確定売りから値を下げたものの、小幅ながら値を伸ばし上昇。買取ベースでは1gあたり4,938円(+2円)と、ほぼ横ばいながら小高く推移し、前営業日同様に昨年7月7日相場以来およそ8ヶ月ぶりの高値継続となりました。
  • 2016/03/08 《海外の金》週明け7日のNY金相場は、前週末におよそ1年1カ月ぶりの高値を付けていたこともあって目先の利益を確定する売りに押され反落。中心限月の4月限は1トロイオンス1264.00ドル(-6.70ドル)と、4営業日ぶりに値を下げて取引きを終了。
  • 2016/03/08  《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 3/8
  • 2016/03/08  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 3/8
  • 2016/03/07 《国内の金》国内の金相場は、高値継続となった週末のNY市場を映して堅調に推移。買取ベースでは1gあたり4,936円(+11円)と、この日も上昇し5日連続高。連日で年初来高値を上抜き、前営業日同様に昨年7月7日相場以来およそ8ヶ月ぶりの高値を継続しております。
  • 2016/03/07 《海外の金》週末4日のNY金相場は、発表された2月の米雇用関連指数を受けて売り買いが交錯するも、ドル安を受けた割安感や、週末を前にした持ち高調整目的から買われ堅調地合いが継続。中心限月の4月限は1トロイオンス1270.70ドル(+12.50ドル)と3営業日続伸し、この日も上げ幅を拡大。高値圏を維持して取引き終了。
  • 2016/03/07  《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 3/7
  • 2016/03/07 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 3/7
  • 2016/03/04 《国内の金》国内の金相場は、一段高となった海外相場を映して大幅続伸。買取ベースでは1gあたり4,925円(+74円)と、連日で年初来高値を上抜き、昨年7月7日相場以来およそ8ヶ月ぶりの高値を付けました。
  • 2016/03/04 《海外の金》3日のNY金相場は、低調な内容となった米国経済指標や、ドル安・ユーロ高を背景に買いが強まり大幅続伸。中心限月の4月限は1トロイオンス1258.20ドル(+16.40ドル)と、年初来高値を更新し、中心終値では2015年2月5日(1262.70ドル)以来およそ1年1カ月ぶりの高値を付けて取引きを終了。
  • 2016/03/04  《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 3/4
  • 2016/03/04 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 3/4
  • 2016/03/03 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 3/3
  • 2016/03/02 《国内の金》国内の金相場は、海外相場では小幅に下振れたものの、為替が円安に振れたことを受けて堅調に推移。買取ベースでは1gあたり4,822円(+19円)と、年初来高値を上抜いて、昨年10月28日相場以来およそ4ヶ月ぶりの高値となりました。
  • 2016/03/02 《海外の金》1日のNY金相場は、市場予想に反して上向きとなった米国の製造業指数や、株式相場の上昇、ドル高を背景に売り優勢に転落。中心限月の4月限は1トロイオンス1230.80ドル(-3.60ドル)と、マイナスに転じて取引きを終了。
  • 2016/03/02  《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 3/2
  • 2016/03/02 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 3/2
  • 2016/03/01 《国内の金》国内の金相場は、買いが優勢となった週明けのNY相場を映して反発。買取ベースでは1gあたり4,803円(+21円)と、前日の下げを戻し、本日はプラス圏での推移となりました。
  • 2016/03/01 《海外の金》週明け29日のNY金相場は、中国の追加緩和や米国経済指標の悪化を受けて世界的な景気先行き不安がくすぶる中、安全資産として買いを集めて上昇。中心限月の4月限は1トロイオンス1234.40ドル(+14.00ドル)と、3営業日ぶりに反発して取引きを終了。
  • 2016/03/01  《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 3/1
  • 2016/03/01 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 3/1
  • 2016/02/29 《国内の金》国内の金相場は、為替が円安に振れながらも利益確定売りに押された週末の海外相場安を映して軟調に推移。買取ベースでは1gあたり4,782円(-24円)と、前日の大幅上昇から値を下げ、本日はマイナスに転じております。
  • 2016/02/29 《海外の金》週末26日のNY金相場は、良好な内容となった米経済指標を背景に、投資家心理が改善し利益確定売りが出たほか、ドル高に相場を圧迫され続落。中心限月の4月限は1220.40ドル(-18.40ドル)と、売り優勢地合いが継続して取引きを終了。
  • 2016/02/29  《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 2/29
  • 2016/02/29 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 2/29
  • 2016/02/26 《国内の金》国内の金相場は、戻り歩調となった海外相場や、円安要因から反発。買取ベースでは1gあたり4,806円(+73円)と、大きく値を上げ再び4,800円台へ上昇。今月15日に付けた直近高値(昨年10月28日相場以来およそ4ヶ月ぶり)の水準まで値戻し、大幅反発となりました。
  • 2016/02/26 《海外の金》25日のNY金相場は、対ユーロでのドル高に圧迫され一時的に値を下げたものの、その後は再び買い戻され、ほぼ横ばいの水準となった。中心限月の4月限は1トロイオンス1238.80ドル(-0.30ドル)と小幅に下振れ、3営業日ぶりに値を下げて取引きを終了。
  • 2016/02/26 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 2/26
  • 2016/02/26 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 2/26
  • 2016/02/25 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 2/25
  • 2016/02/24 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 2/24
  • 2016/02/24 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 2/24
  • 2016/02/23 《国内の金》国内の金相場は、上昇が一服した週明けのNY市場を映して軟調に推移。買取ベースでは1gあたり4,695円(-59円)と、2日続落し、およそ2週間半ぶり(5日相場来)の安値に値戻しました。
  • 2016/02/23 《海外の金》週明け22日のNY金相場は、世界的な株価上昇や、原油の値上がり、ドル高を背景に、逃避先とされる金の買いが一服し反落。中心限月の4月限は1トロイオンス1210.10ドル(-20.70ドル)と、4営業日ぶりに値を下げて取引きを終了。
  • 2016/02/23 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 2/23
  • 2016/02/23 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 2/23
  • 2016/02/22 《国内の金》国内の金相場は、週末のNY市場では堅調地合いとなったものの、時間外取引で利益確定売りが進んだほか、為替が円高に傾斜した事を受けて軟調に推移。買取ベースでは1gあたり4,754円(-40円)と、上昇が一服し、3営業日ぶりに反落しました。
  • 2016/02/22 《海外の金》週末19日のNY金相場は、ドル安や、世界的な株安、原油の値下がりを背景に、代替資産としての買いが強まり上伸。中心限月の4月限は1トロイオンス1230.80ドル(+4.50ドル)と、3営業日続伸して取引きを終了。
  • 2016/02/22 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 2/22
  • 2016/02/22 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 2/22
  • 2016/02/19 《国内の金》国内の金相場は、引き続き堅調地合いとなったNY相場を映して続伸。買取ベースでは1gあたり4,794円(+51円)と、再び4,800円圏内まで上昇し、上げ幅を拡大する展開となりました。
  • 2016/02/19 《海外の金》18日のNY金相場は、米国株が軟調な展開となるなど、リスク資産への投資意欲が弱まる中、安全資産として買われ続伸。中心限月の4月限は1トロイオンス1226.30ドル(+14.90ドル)と、2日続伸して取引きを終了。
  • 2016/02/19 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 2/19
  • 2016/02/19 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 2/19
  • 2016/02/18 《国内の金》国内の金相場は、プラスに転じたNY市場や為替要因から反発。買取ベースでは1gあたり4,743円(+25円)と、下げ止まり、3営業日ぶりに反発しました。
  • 2016/02/18 《海外の金》17日のNY金相場は、安値拾いの買い戻しや、通常取引き終了後に予定される米FOMC議事録公表を控え買いが優勢となった。中心限月の4月限は1トロイオンス1211.40ドル(+3.20ドル)と、3営業日ぶりに反発して取引きを終了。
  • 2016/02/18  《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 2/18
  • 2016/02/18  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 2/18
  • 2016/02/17 《国内の金》国内の金相場は、利益確定売りに押された連休明けの海外相場安を映して軟調に推移。買取ベースでは1gあたり4,718円(-40円)と、2日続落となりました。
  • 2016/02/17 《海外の金》連休明け16日のNY金相場は、世界的な株高やドル高を映し、リスク回避ムードが一服した事を受けて続落。中心限月の4月限は1トロイオンス1208.20ドル(-31.20ドル)と、大きく値を下げて取引きを終了。
  • 2016/02/17  《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 2/17
  • 2016/02/17 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 2/17
  • 2016/02/16 《国内の金》国内の金相場は、リスク回避ムードがひとまず後退したのを背景に、利益確定売りが広がった海外相場の値動きを眺めて軟調に推移。買取ベースでは4,785円(-57円)と、前日に付けた年初来高値(2015年10月28日相場ぶり)から後退し、3営業日ぶりに反落しました。
  • 2016/02/16 《海外の金》15日のNY金相場は、プレジデンツデーの祝日で休場。
  • 2016/02/16 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 2/16
  • 2016/02/16 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 2/16
  • 2016/02/15 《国内の金》国内の金相場は週末のNY市場では利益確定売りに押されたものの、為替が円安に振れた事から上伸。買取ベースでは1gあたり4,815円(+28円)と、4,800円台にのせるなど一段高となり、昨年10月28日相場以来およそ3ヶ月半ぶりの高値となりました。
  • 2016/02/15 《海外の金》週末12日のNY金相場は、前日の取引で7年超ぶりの大幅な上げ幅を記録したことから、この日は利食い売りに押され反落。中心限月の4月限は1トロイオンス1239.40ドル(-8.40ドル)と、売りが優勢で取引きを終了。
  • 2016/02/15  《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 2/15
  • 2016/02/15 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 2/15
  • 2016/02/12  《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 2/12
  • 2016/02/12 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 2/12
  • 2016/02/10  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 2/10
  • 2016/02/09 《国内の金》国内の金相場は一段高となったNY相場を映して上伸。買取りベースでは1gあたり4,734円(+32円)と、続伸し上げ幅を拡大。前日相場に続き年初来高値を上抜いて、昨年10月30日以来およそ3ヶ月ぶりの高値水準で現在推移しております。
  • 2016/02/09 《海外の金》週明け8日のNY金相場は、世界的な景気先行き懸念が広がる中、投資家のリスク回避姿勢が強まったことから金が買い進まれ大幅続伸。中心限月の4月限は1トロイオンス1197.90ドル(+40.20ドル)と4営業日続伸し、連日で年初来高値を更新。買いが一服した後は利益確定売りにやや押されたものの、買い優勢地合いは変わらず、そのまま高値圏を維持して取引きを終了。
  • 2016/02/09 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 2/9
  • 2016/02/09 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 2/9
  • 2016/02/08 《国内の金》国内の金相場は、小幅ながら上振れた週末の海外相場高や、時間外取引での買い戻しを映して大幅反発。買取ベースでは1gあたり4,702円(+60円)と、軟調に推移した前3営業日の下げを戻し、再び年初来高値を更新。昨年11月2日相場以来およそ3ヶ月ぶりの高値を付け、同日ぶりに4,700円台へのせるなど一段高となりました。
  • 2016/02/08 《海外の金》週末5日のNY金相場は、米雇用統計の発表直後には乱高下したが、米株安を背景にリスク回避を目的とした買いが優勢となり小幅続伸。中心限月の4月限は1トロイオンス1157.70ドル(+0.20ドル)と、ほぼ横ばいながら小幅に値を伸ばし、3営業日続伸して取引きを終了。
  • 2016/02/08  《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 2/8
  • 2016/02/08  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 2/8
  • 2016/02/05 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 2/5
  • 2016/02/05 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 2/5
  • 2016/02/04 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 2/4
  • 2016/02/03 《国内の金》国内の金相場は、小幅ながら値を下げた海外相場安や、為替が円高に振れた事を受けて3営業日ぶりに反落。買取では1gあたり4,647円(-50円)と、昨日付けたおよそ3ヶ月ぶりの高値圏からマイナスに転じ、上値追いが一服しました。
  • 2016/02/03 《海外の金》2日のNY金相場は、引き続きリスク回避目的から買われた一方で、前日までの連騰に対する反動から売り買いが交錯。中心限月の4月限は1トロイオンス1127.20ドル(-0.80ドル)と、ほぼ横ばいながらも小幅に値を下げ、3営業日ぶりにマイナスに転じて取引きを終了。
  • 2016/02/03 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 2/3
  • 2016/02/03  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 2/3
  • 2016/02/02 《国内の金》国内の金相場は、大きく上伸したNY市場を映して堅調に推移。買取ベースでは1gあたり4,697円(+34円)と2日続伸し、連日で年初来高値を更新。昨年11月2日相場以来およそ3ヶ月ぶりの高値に値戻し、4,700円圏内まで上昇するなど一段高となりました。
  • 2016/02/02 《海外の金》週明け1日のNY金相場は、中国・米国の製造業活動が悪化している兆候を受け、リスク回避姿勢が再燃したことを背景に買いが継続。中心限月の4月限は1トロイオンス1128.00ドル(+11.60ドル)と、中心終値では11月2日相場以来およそ3ヶ月ぶりの高値で取引きを終了。
  • 2016/02/02 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 2/2
  • 2016/02/02  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 2/2
  • 2016/02/01 《国内の金》国内金相場は、週末の海外相場の値動きや、為替が円安に傾斜した事をうけて大幅反発。買取ベースでは1gあたり4,663円(+108円)と、先日28日につけた直近高値を再び更新し、昨年11月4日相場以来およそ3ヶ月ぶりの高値に値戻しました。
  • 2016/02/01 《海外の金》週末29日のNY金相場は、日銀のマイナス金利導入を受け市場の動揺が広る中、冴えない内容となった米の経済指標を背景に買い戻され小反発。中心限月の4月限は1トロイオンス1116.40ドル(+0.30ドル)と、ほぼ横ばいながら小幅に値を上げ、3営業日ぶりに反発して取引きを終了。
  • 2016/02/01  《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 2/1
  • 2016/02/01 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 2/1
  • 2016/01/29 《国内の金》国内の金相場は、小幅ながら値を下げたNY市場を映して反落。買取ベースでは1gあたり4,555円(-24円)と、前日の上げ幅を戻し、7営業日ぶりにマイナスに転じました。
  • 2016/01/29 《海外の金》28日のNY金相場は、前日取引終了後に発表された米連邦公開市場委員会(FOMC)声明が、ハト派寄りな内容となったことから買い戻しが強まるも、利益確定売りや、リスク回避姿勢の後退から相場を圧迫され小幅安。中心限月の4月限は1トロイオンス1116.10ドル(-0.20ドル)と、ほぼ横ばい圏ながら小幅に値を下げ、2日続落して取引きを終了。
  • 2016/01/29  《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 1/29
  • 2016/01/29 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 1/29
  • 2016/01/28 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 1/28
  • 2016/01/27 《国内の金》国内の金相場は、上げ幅を拡大したNY市場を映して大幅高。買取ベースでは1gあたり4,557円(+58円)と、5営業日続伸し、昨年12月7日相場以来およそ1ヶ月半ぶりの高値となりました。
  • 2016/01/27 《海外の金》26日のNY金相場は、アジア株が一段と下落したことを背景に安全への逃避需要が強まったほか、米国利上げペースの後ずれ観測も広がり大幅続伸。中心限月の2月限は1トロイオンス1120.20ドル(+14.90ドル)と、中心終値では昨年11月2日相場以来およそ2ヶ月半ぶりの高値をつけて取引きを終了。
  • 2016/01/27 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 1/27
  • 2016/01/27  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 1/27
  • 2016/01/26 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 1/26
  • 2016/01/25 《国内の金》国内の金相場は、週末の海外相場では小幅安となったものの、為替が円安に振れたことを受けて上昇。買取ベースでは1gあたり4,473円(+19円)と3営業日続伸し、前営業日同様に8日相場以来およそ2週間ぶりの高値継続となりました。
  • 2016/01/25 《海外の金》週末22日のNY金相場は、世界的な株式相場の上昇や原油の持ち直しを背景に、逃避需要が後退し売りが優勢に。中心限月の2月限は1トロイオンス1096.30ドル(-1.90ドル)と、小幅ながら値を下げ2日続落して取引きを終了。
  • 2016/01/25 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 1/25
  • 2016/01/25 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 1/25
  • 2016/01/22 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 1/22
  • 2016/01/22 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 1/22
  • 2016/01/20 《国内の金》国内の金相場は、小幅に下振れたNY市場を映して小反落。買取りベースでは1gあたり4,403円(-2円)と、ほぼ横ばいながらマイナスに転じ、3営業日ぶりに反落となりました。
  • 2016/01/20 《海外の金》連休明け19日のNY金相場は、中国株をはじめ世界的な株価上昇などを眺めて投資家のリスク警戒感がやや後退する中、安全資産とされる金は売りに押され小反落。中心限月の2月限は1トロイオンス1089.10ドル(-1.60ドル)と、小幅ながら値を下げて取引きを終了。
  • 2016/01/20 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 1/ 20
  • 2016/01/20  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 1/20
  • 2016/01/19 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 1/19
  • 2016/01/18  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 1/18
  • 2016/01/15 《国内の金》国内の金相場は、ドル高や米の株価上昇に押されたNY市場を映して売りが優勢に。買取ベースでは1gあたり4,385円(-34円)と反落し、本日はマイナス圏での値動きとなりました。
  • 2016/01/15 《海外の金》14日のNY金相場は、米の株価が上昇したほか、外為市場ではドル高の進行による割高感に押され反落。中心限月の2月限は1トロイオンス1073.60ドル(-13.50ドル)と、マイナスに転じて取引きを終了。
  • 2016/01/15  《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 1/ 15
  • 2016/01/15  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 1/15
  • 2016/01/14 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 1/14
  • 2016/01/13 《国内の金》国内の金相場は、引き続き売りが優勢となった海外相場安を映して軟調に推移。買取ベースでは1gあたり4,411円(-24円)と、2日続落し、年初の安値水準に値戻す展開となりました。
  • 2016/01/13 《海外の金》12日のNY金相場は、世界的な株安傾向に歯止めがかかり、リスクオフの流れが一服した事を背景に売りが優り続落。中心限月の2月限は1トロイオンス1085.20ドル(-11.00ドル)と、3営業日続落して取引きを終了。
  • 2016/01/13  《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 1/ 13
  • 2016/01/13  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 1/13
  • 2016/01/12 《国内の金》連休明けの国内金相場は、前週末相場や週明けのNY市場を映して反落。買取ベースでは1gあたり4,435円(-59円)と、4営業日ぶりに値を下げ、本日はマイナス圏での値動きとなりました。
  • 2016/01/12 《海外の金》週明け11日のNY金相場は、中国株が一段安となったことから逃避需要の買いに支えられた一方、強い米雇用統計は売り材料となり売り買いまちまち。中心限月の2月限は1トロイオンス1096.20ドル(-1.70ドル)と、小幅ながら値を下げ、2営業日続落して取引きを終了。
  • 2016/01/12 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 1/12
  • 2016/01/12 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 1/12
  • 2016/01/08 《国内の金》国内の金相場は、逃避需要が旺盛となった海外相場高を映して堅調に推移。買取ベースでは1gあたり4,494円(+24円)と、3営業日続伸し、昨年12月17日相場以来およそ3週間ぶりの高値に値戻すなど一段高となりました。
  • 2016/01/08 《海外の金》7日のNY金相場は、中国株の急落で世界的にリスクオフが加速したほか、世界景気への先行き懸念、地政学的リスクの高まりなどの不安要因が重なり引き続き逃避目的とした買いが継続。中心限月の2月限は1トロイオンス1107.80ドル(+15.90ドル)と、昨年10月以降では最長の5営業日続伸し、節目の1100ドル台にのせて取引きを終了。
  • 2016/01/08 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 1/8
  • 2016/01/08 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 1/8
  • 2016/01/07 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 1/7
  • 2016/01/06 《国内の金》国内の金相場は、安全資産としての側面から引き続きNY市場が買われた事を映して小反発。買取ベースでは1gあたり4,421円(+4円)と、ほぼ横ばい圏ながら小幅に値を上げ、本日はプラス圏での推移となりました。
  • 2016/01/06 《海外の金》5日のNY金相場は、中国経済に対する先行き不安の根強さや、中東の地政学的リスクへの警戒感から安全資産として買いを集め3営業日続伸。中心限月の2月限は1トロイオンス1078.40ドル(+3.20ドル)と、小幅ながら値を伸ばし、中心終値では昨年12月21日相場以来およそ2週間ぶりの高値に戻して取引きを終了。
  • 2016/01/06 《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 1/6
  • 2016/01/06 《本日のお買取り相場》UPいたしました! 1/6
  • 2016/01/05 《国内の金》連休明けのの国内金相場は、NY市場では買いが優勢となったものの、為替が円高に傾斜した事から軟調に推移し続落。買取ベースでは1gあたり4,417円(-37円)と、マイナス圏での値動きとなりました。
  • 2016/01/05 《海外の金》連休明け4日のNY金相場は、世界的な株式相場の下落や、中東での緊張の高まりを背景に安全逃避資産に資金を回帰させる動きが強まり大幅続伸。中心限月の2月限は1トロイオンス1075.20ドル(+15.00ドル)と、中心終値では昨年12月24日相場以来およそ1週間半ぶりの高値で取引きを終了。
  • 2016/01/05  《スタッフブログ》本日のスタッフブログをUPいたしました! 1/5
  • 2016/01/05  《本日のお買取り相場》UPいたしました! 1/5

フジゴールド5つの無料サービス

  1. 無料梱包キット
  2. 当社までの送料無料
  3. 振込手数料無料
  4. 査定料無料
  5. 返品の際の送料無料
グループ買取実績20年のフジゴールドにお任せください。

フジゴールドは、お客様が常に安心してご利用いただけるよう5つの無料サービスをしております。買い取り実績20年フジゴールドにお任せください。

詳しくはこちらをご覧下さい
金、銀、プラチナ、パラジウム、この4つが含まれている金属でしたらどんなものでも買取可能となります。

当日相場価格×貴金属重量=買取金額

当店は一般的なアクセサリーや貴金属に関しては一切手数料はかかりません

宅配買取の流れ

ご依頼⇒無料梱包キット到着⇒梱包発送⇒査定お見積もり⇒決算

店舗買取の流れ

ご依頼⇒お預かり⇒査定お見積もり⇒決算

ご不要の金・プラチナ製品なら何でも買い取ります。
片方だけのピアス・鎖の切れたチェーン・石の取れたリング・変形したリング等々破損していても、どんなに汚れていてもOKです!!
ぜひ一度ご利用ください!
金・プラチナ高価買取フジゴールドFuji Gold

住所:〒350-0214 埼玉県坂戸市千代田3-20-10

フリーダイヤル:0120-469-211

【対応エリア】全国対応可能!まずはご相談ください

まずはご相談・お問い合わせ

高価買取

[フリーダイヤル] 0120-469-211

お買取・無料梱包キットお申込み

(社)日本地金流通協会発表

H28年9月23日更新

会社情報

営業時間
平日:09:00〜18:00
休日:土・日・祝祭日

メール・FAXは24時間受付中
toiawase@fuji-gold.co.jp
TEL:0120-469-211
※営業時間外の返信は翌営業日とさせていただきます。

フジデンタル

金パラ買取.com

歯科金属買取.com

金パラ.com

歯医者さん検索.com